深セン観光のために準備すること〜総まとめ編〜

深セン観光のために準備すること〜総まとめ編〜

こんにちは。シンセンモード事務局の天野です。今回は深セン観光に行くために準備すべきことをいくつかご紹介させていただきます。

1.航空券の購入

深センは中国なのでもちろん飛行機で行く必要があります。しかし、2018年8月現在、日本から深セン空港への直行定期便は有りません。
深センに観光にお越しいただく際は各地から香港空港まで航空機をご利用いただき、香港空港から深センまで陸路でお越しいただくことになります。

各地から〜香港への航空券は以下のリンクからお調べ・ご購入ください。

香港までの航空券はこちらから検索

2.深センのホテル予約について

深センは数多くのホテルがありますが、中心地である華強北に近い以下のホテルをオススメです。

グランド スカイライト ホテル (Grand Skylight Hotel Shenzhen)

ホワチアーン プラザ ホテル (華強廣場酒店) (集合場所に非常に近くオススメ)

チューチュアン ホテル

シェンヂェン フォレスト ホテル

イージュー ホテル(深セン華強北店)

ジア リラックス ホテル シェンゼン

3.保険について

中国(深セン)の治安は良好ですが、軽犯罪や紛失に備えて海外ですので加入しておくことをオススメします。

3.1 空港での加入

羽田・成田・関西など主要空港で保険に加入することが可能です。出発前にお手続きをお願いします。

羽田空港海外保険加入可能場所

成田空港海外保険加入カウンター

関西空港海外旅行保険加入可能場所

3.2 ウェブ上での加入

空港であまり時間が取れない、また事前にじっくりと調べたいという方は事前にネットで加入されることをオススメします。

価格.com海外旅行保険比較

4.現地でスマートフォンで通信するために

まず、ご自身のスマートフォンが「SIMフリー」のスマートフォンかご確認ください。
ドコモ・AU・ソフトバンクで購入された機種の場合、通常はSIMフリーの機種ではありません。
UQ MobileやYmobile、その他格安SIM運用会社で購入した機種の場合はIphoneを除きSIMフリーの機種になります。

詳しくはスマートフォンを購入されたキャリア様にお問い合わせください。

ドコモSIMロック解除方法

au SIMロック解除について

Softbank SIM ロック解除について

4.1 モバイルルーターのレンタル

もし、ご自身のスマートフォンがSIMロック解除済みの端末なのかわからない/SIMロックを解除のやり方がわからないと行った場合にはwifiルーターのレンタルをオススメします。シンセンモード推奨のGlobal Mobile のwifiルーターは1日780円でレンタル可能で空港で出発前に受け取ることも可能です。
また、中国でもLineやフェイスブック、ツイッターなど問題なく接続することができます。

中国専用モバイルルーター Global Mobile

4.1 現地simの購入

手元のスマートフォンがSIMフリーであることが確認できた場合には現地のSIMカードを購入して使用することができます。

※スマートフォンの対応周波数帯によっては中国で通信できない可能性もあります。もし、中国で確実に通信をされたい場合は中国専用モバイルルーター Global Mobileのレンタルを強くオススメします。

現地のSIMカードは以下の3箇所で購入可能です。

羅湖(香港→深センに抜けるイミグレーション)
深セン湾(香港→深センに抜けるイミグレーション)
香港空港(空港到着後購入可能、ただし中国でも使用できるものとできないものがあるので要確認)※深夜便で到着した場合はお店が閉まっているので注意

4.3 VPNの準備

中国のインターネットは政府により「金盾」という制限がかかっており、LINEやフェイスブック、ツイッターに加えてGoogle検索も使用することができません。現地SIMを購入して通信される方や中国のネットワークを使って通信するモバイルルーターを使われる方はVPNという中国以外のサーバーからインターネットに接続できる技術を使う必要があります。(VPNの設定も非常に面倒なのでご心配な方は中国専用モバイルルーター Global Mobileのレンタルを強くオススメします。

オススメVPN

Express VPN
日本語サイトあり。
30日間返金保障があるので、使いやすい。

12vpn
中国からvpnなしで直接申し込みが可能。
フリートライヤルが14日間あるので、無料で使用することができます。

4.4 モバイルバッテリーの準備

スマートフォンでインターネットを使用していると充電切れになってしまうことも多いです。海外でスマホが充電切れになるのはトラブルのもと。モバイルバッテリーを携帯することをオススメします。

モバイルバッテリーの購入はこちら

5.現地での連絡手段&決済手段について

現地での通信状況によってはLineやフェイスブックメッセンジャーでの通信が困難になる可能性があります。特に中国政府のインターネット規制「金盾」によりLineやフェイスブックは基本的に使用不可能となります。中国版LineであるWe Chatのインストールをオススメします。

5.1 We Chatのインストール

We Chat Androidアプリ

We Chat Iphoneアプリ

5.2 We Chat Payの設定

次にWe Chat Payの設定です。中国ではWe Chat Pay(QRコード決済)での支払いの割合が年々増えており、一部の売店などでは現金決済を拒否されることがあります。いざという時に困らないためにもQRコード決済を事前に設定しておくことが大事です。

We Chat Payの事前設定方法

※日本でWe Chat Payが設定できても中国到着後にチャージしなくては使用できません。

6.現地で役に立つアプリについて

6.1 百度地図の導入

中国ではGoogle地図が使用できません。(使用できても位置がずれていることが多いです)
ですので、中国専用の地図アプリを事前にインストールしておくことをオススメします。

百度地図Androidアプリ

百度地図Iphoneアプリ

6.2  Google翻訳中国語パッケージの事前導入

中国では英語がほとんど通じないため翻訳アプリが必須です。インターネットがつながらなかった場合に備えて事前にダウンロードしておくことをオススメします。

まずはGoogleの翻訳アプリのインストールが必要です。

Google翻訳Androidアプリ

Google翻訳Iphoneアプリ

次にアプリ内からオフラインでも翻訳が可能なようにパッケージをダウンロードします。

オフラインでも翻訳可能な状態にするには?

上記の設定が終了しましたら、無事深センでオフラインになっても翻訳が可能です。

7.まとめ

いかがだったでしょうか?中国(深セン)は日本と通信環境やSNS環境、設定環境が異なります。深セン観光を楽しむために事前に日本で準備をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です